きたやさい百科 北海道の大地と空気と水が育んだ「きたやさい」。土から伸びるその姿や旬、産地、選び方など、全てがつまったWEBサイト版「きたやさい」の百科事典です。

北海道の野菜情報がいっぱい きたやさい百科

ばれいしょ[キタアカリ] potato

「北」の産地に希望の「明かり」がさすように。男爵薯と病気に強い品種を合わせ、北海道農業試験場が交配・育成、1987(昭和62)年に北海道の優良品種に認定されました。普及するまでには時間がかかりましたが、今では食味の良さから人気のばれいしょとなり、「栗じゃが」「黄金男爵」とも呼ばれています。デンプン価は15〜17%で男爵を上回り、カロテンやビタミンCも豊富。やや煮くずれしやすいので、レンジで調理し、ポテトサラダやコロッケにどうぞ。

  • ◎北海道産 北海道は全国生産の7割以上を占めるポテト王国。昼夜の大きな温度差が味と質の決め手。
  • ◎旬の時期 栽培時期は5月縲鰀9月、旬は9月縲鰀12月。主な産地は十勝、網走地域に多い。
  • ◎保存方法 光の当たらない暗くて低温の場所に保管。マンションの場合は冷蔵庫の野菜室へ。
  • ◎選び方 皮にしわや傷がなく、形がふっくらしているもの。しっかりした重量感のあるもの。

出荷時期

※ 帯の色が薄くなっている時期は出荷量が少なく、北海道外には出回っていない場合があります。
※ 出荷時期は天候によってずれる場合があります。

  1. 豆知識1 ビタミンCをガード ばれいしょに豊富なのがビタミンC。しかも、デンプンによってガードされるので加熱しても壊れにくいのが特徴。
  2. 豆知識2 塩水に入れてみると? 沈むのはデンプンが多いホクホク系、浮くのはデンプンが少なく煮くずれも少ない。お料理の目安になるかも。
  3. 豆知識3 ポテトサラダの適温 デンプンは加熱したα化状態がおいしく、冷めてβ化すると口当たりが悪くなる。なので、冷蔵庫には入れずに食卓へ。