きたやさい百科 北海道の大地と空気と水が育んだ「きたやさい」。土から伸びるその姿や旬、産地、選び方など、全てがつまったWEBサイト版「きたやさい」の百科事典です。

北海道の野菜情報がいっぱい きたやさい百科

ながいも Chinese Yam

すってトロトロ、切ったらシャキシャキ、火を通すとホクホク。1本でいろいろな食感が楽しめるながいも。主成分はデンプンなので、本来は加熱が必要ですが、デンプンを分解する酵素が含まれているので生でもおいしく食べられます。強力な消化酵素が一緒に食べる穀類や魚、肉の消化を助けてくれるので、とろろごはんやまぐろの山かけは理にかなったメニュー。栄養バランスもバツグンなので、滋養強壮、疲労回復、便秘改善とまさに天然のサプリといえますね。

  • ◎北海道産 トップを争う青森県と合わせると全国7割以上のシェア。秋と春に収穫し、低温貯蔵で通年出荷に。
  • ◎旬の時期 栽培時期は4月縲鰀11月、旬は11月縲鰀12月。主な産地は十勝の幕別町や帯広市など。
  • ◎保存方法 1本のものは新聞紙で包んで冷暗所へ。切ったらラップで包んで冷蔵庫へ。とろろにして冷凍保存も。
  • ◎選び方 切り口が白くみずみずしいもの。皮の色はやや黄色みがあり、表面がなめらかでツヤがあるもの。

出荷時期

※ 帯の色が薄くなっている時期は出荷量が少なく、北海道外には出回っていない場合があります。
※ 出荷時期は天候によってずれる場合があります。

  1. 豆知識1 緑のカーテンが目印 高い支柱が並び緑の葉がカーテンのように覆っていたら、そこがながいも畑。その葉が茶色く枯れると地中の根が完熟したサイン。
  2. 豆知識2 トロロのかゆみ防止 ながいもが手や口につくとかゆいのはシュウ酸カルシウムのせい。酢水につけてから調理するとかゆみが抑えられます。
  3. 豆知識3 海を渡る特大ながいも 台湾では十勝産の特大ながいもが人気で輸出しています。薬膳としてながいもをジュースにして飲むのが一般的だとか。