きたやさい百科 北海道の大地と空気と水が育んだ「きたやさい」。土から伸びるその姿や旬、産地、選び方など、全てがつまったWEBサイト版「きたやさい」の百科事典です。

北海道の野菜情報がいっぱい きたやさい百科

トマト Tomato

「トマトが赤くなると医者が青くなる」とヨーロッパでは有名な言葉があるほど、栄養たっぷりの野菜。トマトが医者いらずと呼ばれるのは、赤い色素リコペンのおかげ。強力な抗酸化作用があり、動脈硬化やガンを予防する効果が高いといわれています。旨味成分のグルタミン酸が多いことも特徴で、加熱して使う調理用トマトも次々と登場しています。日本人一人あたりの消費金額が最も高いのもトマト。健康にも、料理にも、なくてはならない"赤"ですね。

  • ◎北海道産 生産量は全国第2位、トマトの生育に適した夏秋期は全国の第1位を占めます。まさに伸び盛りのトマト産地。
  • ◎旬の時期 栽培時期は1月縲鰀11月、旬は6月縲鰀10月。産地は日高管内の平取町のほか、地域ブランドトマトが続々登場。
  • ◎保存方法 完熟したものはポリ袋に入れて冷蔵庫へ。まだ青みが残っているものは室温におくと風味が増します。
  • ◎選び方 ヘタが緑色でピンと張り、皮に色むらがなくハリとツヤがあるもの。同じ大きさなら重みを感じるものを。

出荷時期

※ 帯の色が薄くなっている時期は出荷量が少なく、北海道外には出回っていない場合があります。
※ 出荷時期は天候によってずれる場合があります。

  1. 豆知識1 赤くなるまで待ってね 赤く色づいたトマトを畑でガブリ!とするまでの日数は?受粉してから実が熟すまで春先はおよそ60日、夏でも50日かかります。
  2. 豆知識2 水に沈めて甘さチェック 甘縲怩「トマトは水に入れると沈みます。これは、糖度の高いトマトの体積は水より重くなるため。サラダに使うときはお試しを。
  3. 豆知識3 トマトはお料理上手? ヨーロッパには「トマトの時期に下手な料理はない」ということわざも。トマトと一緒に煮れば、どんなお料理もおいしくなるという意味。