きたやさい百科 北海道の大地と空気と水が育んだ「きたやさい」。土から伸びるその姿や旬、産地、選び方など、全てがつまったWEBサイト版「きたやさい」の百科事典です。

北海道の野菜情報がいっぱい きたやさい百科

ミニトマト Cherry Tomato

野菜売り場に並ぶトマトの種類が年々増えています。ところで、どこからがミニトマトなのでしょう?トマトは果実の大きさで分けられます。大玉は約150g、中玉は約50g、そしてミニトマトは10gくらいのもの。ルーツは同じですが、ミニトマトの方が原種に近いといわれています。甘味と酸味が強く、使いやすいこともあって、今ではすっかり売れっ子野菜の仲間入り。大玉と比べるとビタミンCとβカロテンが高いので、お弁当の栄養度アップにもぴったりですね。

  • ◎北海道産 冷涼な気候を好むため、夏秋期の北海道産は高品質で全国第1位のシェア。日持ちがよく、完熟してから収穫されます。
  • ◎旬の時期 栽培時期は1月縲鰀11月、旬は6月縲鰀10月。主な産地は後志、上川、日高地域など。
  • ◎保存方法 ポリ袋に入れて冷蔵庫へ。常温でも2縲鰀3日は保存でき、冷やし過ぎると風味が落ちるので注意。
  • ◎選び方 ヘタが緑色でピンと張り、皮に色むらがなくハリとツヤがあるもの。同じ大きさなら重みを感じるものを。

出荷時期

※ 帯の色が薄くなっている時期は出荷量が少なく、北海道外には出回っていない場合があります。
※ 出荷時期は天候によってずれる場合があります。

  1. 豆知識1 マイホーム・トマト 病気に強く生育が旺盛なので、家庭菜園やベランダのプランター栽培にも向いています。ぜひチャレンジしたいですね。
  2. 豆知識2 旬のうちにストック たくさんある時はオーブンで焼いてドライトマトにしてオリーブオイル漬けに。1ヵ月ほど保存ができ、お料理にも使えて便利。
  3. 豆知識3 朝の定番になるかも 注目メニューはミニトマトのお味噌汁。トマトの旨味成分とお味噌がマッチ。食欲がない朝にもさっぱりとしておすすめです。