きたやさい百科 北海道の大地と空気と水が育んだ「きたやさい」。土から伸びるその姿や旬、産地、選び方など、全てがつまったWEBサイト版「きたやさい」の百科事典です。

北海道の野菜情報がいっぱい きたやさい百科

さやえんどう Pea

えんどう豆は世界最古の栽培植物のひとつで、古代ギリシャの文献にも名前があるとか。そのえんどう豆の未熟なサヤを食べるのが、さやえんどうです。完熟豆に比べると糖質、タンパク質は少ないものの、βカロテンやビタミンCが多く、カリウム、カルシウム、食物繊維も豊富。若い豆をサヤごと食べるものをレグメス(さや豆)野菜といい、豆と野菜のいいところを両方とれるわけです。爽やかな緑とビタミンCを生かすには、あまり加熱せず短時間で調理するのがコツです。

  • ◎北海道産 寒さに強く乾燥した気候を好むので北海道は好条件。甘さと歯ざわりが良く市場での評価も上昇中。
  • ◎旬の時期 栽培時期は3月縲鰀10月、旬は6月縲鰀9月。産地は道南の上ノ国町や石狩市のほか、道内各地で栽培。
  • ◎保存方法 栄養成分が早く消失してしまうので、できるだけ早く食べること。サッと茹でて冷凍保存がおすすめ。
  • ◎選び方 果皮の緑色が鮮やかで光沢があるもの。サヤが薄く、マメの形が浮き出ていないものを。

出荷時期

※ 帯の色が薄くなっている時期は出荷量が少なく、北海道外には出回っていない場合があります。
※ 出荷時期は天候によってずれる場合があります。

  1. 豆知識1 風情ある名は「絹さや」 栽培している時のサヤ同士がこすれ合う音が、絹が出す音と似ていることから「絹さや」と呼ばれるようになったそう。
  2. 豆知識2 えんどうの三段活用 日本では江戸時代から、まず若サヤを食べ、今でいうグリーンピースを食べ、最後に完熟豆をミツ豆などに利用していたとか。
  3. 豆知識3 スナップエンドウ登場 店頭でもよく見かけるようになったスナップエンドウは、さやえんどうの一種。サヤも厚く、マメもしっかり、ひと味ちがう魅力が楽しめます。