きたやさい百科 北海道の大地と空気と水が育んだ「きたやさい」。土から伸びるその姿や旬、産地、選び方など、全てがつまったWEBサイト版「きたやさい」の百科事典です。

北海道の野菜情報がいっぱい きたやさい百科

レタス Lettuce

みずみずしさが持ち味の玉レタスは95%が水分。特別に高い栄養価はありませんが、手でちぎってすぐに食べられるのが魅力です。冷やすとパリッとなるのは、葉に含まれるペクチンが冷えると固まる性質があるため。ただし水に浸しすぎるとビタミンCが流失するので、サッと水を切りましょう。玉レタスは淡色野菜ですが、サラダ菜やサニーレタスは緑黄色野菜。栄養価がぐんとアップするので、上手に使い分けてフレッシュな歯ざわりを楽しみましょう。

  • ◎北海道産 生育は20℃前後と冷涼な気候を好むので、夏場は標高の高い場所と北海道が主産地に。
  • ◎旬の時期 栽培時期は2月縲鰀11月、旬は6月縲鰀9月。主な産地は十勝の幕別町や札幌市など。
  • ◎保存方法 水気をよく切りポリ袋に入れ、少し空気を入れた状態で冷蔵庫へ。なるべく早く食べきること。
  • ◎選び方 芯が10円玉くらいの大きさで切り口が白いもの。ふんわりと軽く、あまり葉が詰まっていないもの。

出荷時期

※ 帯の色が薄くなっている時期は出荷量が少なく、北海道外には出回っていない場合があります。
※ 出荷時期は天候によってずれる場合があります。

レタスの仲間
●サラダ菜
葉肉が厚くしなやか。緑色が濃いだけに、レタスの仲間では栄養的に最も優秀です。
●サニーレタス
葉先が赤紫色をおび、縮れが多い。歯ざわりはやわらかく、ほのかな苦みがあります。
  1. 豆知識1 収穫はやさしく丁寧に 切り口から出る白い汁は変色の原因になるため、タオルで丁寧に拭き取りながら収穫します。
  2. 豆知識2 包丁いらずの野菜 包丁では切らずに手でちぎるのが基本。軽く炒めるとまた違うシャキシャキ感が味わえます。
  3. 豆知識3 シャキシャキでぐっすり 茎の白い液には苦み成分「ラクチュコピクリン」が含まれていて、鎮静や安眠効果があるそう。