きたやさい百科 北海道の大地と空気と水が育んだ「きたやさい」。土から伸びるその姿や旬、産地、選び方など、全てがつまったWEBサイト版「きたやさい」の百科事典です。

北海道の野菜情報がいっぱい きたやさい百科

ゆり根 Lily Bulb

ビタミンCといえばレモン?じつは、いちごの方が多く含まれています。健全な皮膚や粘膜を保ち、ストレス時に必要性が高いビタミンCですが、加熱すると失われてしまう栄養素。いちごは10粒ほどで1日に必要なビタミンCを補給できるうえ、生で手軽に食べられるのがうれしいところ。「皮をむくのがめんどう」など、果物の消費が減っている中、人気を保っているいちご。かわいい姿ながら、フルーツ界のたくましいエースなのです。

  • ◎北海道産 夏秋期に収穫できる「四季成り性」品種の栽培が増え、国内産が不足する時期をバックアップ。
  • ◎旬の時期 出荷期間は長いが、最盛期は4月〜7月。産地は余市町や豊浦町のほか、道内各地で栽培。
  • ◎保存方法 ヘタを付けたまま洗わずに冷蔵庫の野菜室へ。食べきれない時はジャムにするのがおすすめ。
  • ◎選び方 ヘタが青々としてみずみずしく、赤い色が均一でつやがあり、タネの粒々がくっきりして揃っているもの。

出荷時期

※ 帯の色が薄くなっている時期は出荷量が少なく、北海道外には出回っていない場合があります。
※ 出荷時期は天候によってずれる場合があります。

  1. 豆知識1 床を上げて効率もアップ手間のかかる いちご栽培に、床を1mほど上げた「高設栽培」が増加中。立ったまま作業できるのがポイント。
  2. 豆知識2 どうぞヘタはそのままで ヘタを取って洗うと、せっかくのビタミンCが流れてしまうので、ヘタは付けたままさっと洗うのがベスト。
  3. 豆知識3 果物?それとも野菜? 果物と思われがちないちご。実は生産の現場では「野菜」に分類されますが、果物として定着しているので「果実的野菜」と分類しています。

参照:日本食品標準成分表2015年版(七訂)
監修:札幌保健医療大学 保健医療学部栄養学科・教授 /農学博士 荒川義人