きたやさい百科 北海道の大地と空気と水が育んだ「きたやさい」。土から伸びるその姿や旬、産地、選び方など、全てがつまったWEBサイト版「きたやさい」の百科事典です。

北海道の野菜情報がいっぱい きたやさい百科

白菜 Chinese Cabbage

歴史が古い伝統野菜のようですが、実は日本に伝わったのは明治になってから。まさに"ヘルシー"という言葉がぴったりの野菜です。特別に多い栄養素はありませんが、バランス良く含まれているのと、一度にたくさん食べられるので十分な栄養効果が期待できます。味は淡白でカロリーはきわめて低く、たくさん食べても太らない、健康的なダイエット食といえるでしょう。ビタミンCやカリウムは水溶性なので、スープごと食べる煮込み料理に向いています。

  • ◎北海道産 生産量は全国第3位。冬野菜のイメージですが、夏はほぼ北海道産が市場をにぎわします。
  • ◎旬の時期 栽培時期は3月縲鰀10月、旬は7月縲鰀10月。主な産地は道央の岩見沢市、十勝の幕別町など。
  • ◎保存方法 寒い時期は新聞紙に包んで冷暗所に立てて保存。暑い時期はポリ袋に入れて冷蔵庫へ。
  • ◎選び方 芯の切り口が白くヒビ割れしていないもの。カット野菜の場合は切断面が盛り上がっていないものを。

出荷時期

※ 帯の色が薄くなっている時期は出荷量が少なく、北海道外には出回っていない場合があります。
※ 出荷時期は天候によってずれる場合があります。

  1. 豆知識1 赤ちゃんの重さです 白菜は日本で栽培されている作物の中で最も大きな野菜。ひと玉2.5縲鰀3kgほど。ちょうど赤ちゃんの重さくらいですね。
  2. 豆知識2 お持ち帰りに、ミニ白菜 近ごろ、直売所などで見かけるミニ白菜。700g〜900g程度と手軽な重さなので、人気を集めています。
  3. 豆知識3 思いきって真ん中から カットした白菜を買ったらまず真ん中から食べましょう。いちばん甘味があり、外葉の栄養が芯に取られることも防げます。