きたやさい百科 北海道の大地と空気と水が育んだ「きたやさい」。土から伸びるその姿や旬、産地、選び方など、全てがつまったWEBサイト版「きたやさい」の百科事典です。

北海道の野菜情報がいっぱい きたやさい百科

ごぼう Edible Burdock

薬効成分から中国では薬草として使われていますが、食用としているのは日本だけ。長い歴史を持つ日本伝統の野菜です。豊富な食物繊維は、糖尿病や動脈硬化の予防に。また腸内を掃除してくれる働きがあるので便秘の解消や大腸ガン予防にも効果があります。そして、注目はポリフェノール。ごぼうを水につけると茶色くなるのは、アクではなくてポリフェノールが溶けだしたため。栄養と旨味も皮に近いほど高いので、皮はむかず、水にも長く浸さずに使いましょう。

  • ◎北海道産 生産量は全国第4位。生育に適する土壌が限られ、十勝や網走地区に産地が集中しています。
  • ◎旬の時期 栽培時期は4月縲鰀11月、旬は11月縲鰀5月。主な産地は十勝の芽室町や帯広市など。
  • ◎保存方法 土付きのものは新聞紙にくるみ冷暗所へ。洗いごぼうはぬらした新聞紙で包みラップして冷蔵庫へ。
  • ◎選び方 風味と日持ちがいいのは土付きのもの。ひげ根や凸凹が少なく根先まで太っているものを。

出荷時期

※ 帯の色が薄くなっている時期は出荷量が少なく、北海道外には出回っていない場合があります。
※ 出荷時期は天候によってずれる場合があります。

  1. 豆知識1 大きな葉で水分補給 根は細身でも葉っぱはかなり大きいごぼう。大きな葉で水分を集めるので、乾燥ぎみの気候でもよく育ちます。
  2. 豆知識2 大地の下で伸び伸びと 1メートルほど土の中に長く根をはるので土質が大事。北海道の大面積と良質な土がごぼうを伸び伸びと育てます。
  3. 豆知識3 煮魚のパートナー ごぼうには消臭効果があり、魚のあら煮などに入れると生臭さを消してくれます。ただし消臭効果は皮にあるのでむかないように。