北海道から届いた生産者のとっておきの話。きたやさいブログ

ゆり根

がっかり、、、、

2019年12月12日(木)【ゆり根】

丘に住むたぬきさん

 ユリ根の出荷を終え、先日箱根湯本に研修で赴きました。

 宿は指折りの高級なホテルでしたが、会食の茶碗蒸しには、一片のゆり根も見当たらず、、、、
入っていたのは銀杏、三つ葉など、関東らしい予期したレシピ。食器は立派なんだけどな、、、「関西なら必ず入っている。それがスタンダード」、と思うのは、自分だけなのだろうか。
 ホテル側の和食調理師が人材不足なのか、経費削減なのか、うちの担当者の営業不足か、、、理由はともあれ生産者としては寂しい。
 ブログの読者の皆様。年越しのお買い物の際には、是非ユリ根の購入をお忘れないようお願いたします。それから験を担ぎの意味で、三島から見た富士山を載せときます。



ファーミングライフ

2019年10月31日(木)【ゆり根】

丘に住むたぬきさん

いつもなら、一度は降雪するのですが・・・・
 未だ冬タイヤの交換もしていません。せっせと収穫作業をしております。



掘り取り始め

2019年10月22日(火)【ゆり根】

丘に住むたぬきさん

甜菜の収穫を終え、やっと掘り取り始めました。

甜菜の収穫時スナップ



8月の雨

2019年8月28日(水)【ゆり根】

丘に住むたぬきさん

 今月は雨が多いですね。
たぬきは、雨の日は苦手です。快晴とまではいかないにしても、仕事のやる気が違います。
天候を見ながらあれやこれや、やり繰りし野外作業に励んでおります。
 9月には、ユリ根の来年の準備を終えなければなりません。今月も、あっと言う間に慌ただしく過ぎようとしてます。
 昨日アブラ虫防虫ネットが、キタキツネに破られてしまい、次年度以降の種子を植え替えることになりました。新しく注文しても、商品到着まで数日かかります。
 それまで待てないので掘り取り、植え替えを決行。まだ、小さいけどアブラ虫に侵されるよりは良いだろうと・・・嗚呼涙。

先日の雨上がり、「朱虹」。日没直前、まだ上空の水滴が夕陽に輝いています。
 ちなみに加工など、アレンジはしていません。



天気の良いうちに

2019年8月2日(金)【ゆり根】

丘に住むたぬきさん

夕立雨の合間をぬって、とにかく、麦刈り。

緑肥ヒマワリも鋤きこまなきゃ



2020年2月

26 27 28 29 30 31 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

生産者プロフィール

生産者プロフィール

ゆり根生産者

丘に住むたぬきさん

「ゆり根」を担当させていただく事になりました「丘に住むたぬき」と申します。北海道のほぼ中央、「丘の町びえい」で、ゆり根・小麦・馬鈴しょ・てん菜・スイートコーン・アスパラガスなどを夫婦で慎ましく営んでおります。ゆり根を中心に、作業状況、畑の風景など皆さまにお伝えしたいと思います。小生ブログは初めてですので、評価の方はお手柔らかに・・・。

やさいカテゴリ

アーカイブ