北海道から届いた生産者のとっておきの話。きたやさいブログ

メークイーン

第9話 今年も『まめ』に過ごしたい(^^)v

2018年5月23日(水)【メークイーン】

桧山南部食用馬鈴薯生産組合さん

みなさ~ん、こんにちは!
おらいも君です。

5月も、もう終わりですね。
檜山南部地区では、いよいよ大豆のタネまきが始まりますよ~

タネをまく前に、まずは畑の準備を!

土を細かく砕いて、丁寧に、丁寧に(^o^)

今回おじゃました生産者は、黒い大豆をまくんだって。
なんと、檜山南部地区では黒大豆の栽培が盛んなんです!

みなさんご存じとは思いますが、黒大豆は『おせち料理』に煮豆として使われているんですよ。
労苦をいとわず物事に励むことや勤勉なこと、からだのじょうぶなことを『まめ』ってよく言うんですが、その後の一年をそのように過ごせるようにと、おせち料理に使われているんだって。
これぞ『まめ知識』(笑)

そんなことはさておき、タネまきしないと!

これが黒大豆のタネ。
なかなか良質なタネですね~

さあどんどんまいていきましょう!
黒大豆は、こんな機械でタネをまいていくんです。
後ろには生産者の奥さんが乗って、肥料やタネの落ち具合を確認しながらの作業。

あっという間にこんなにまきました~
『ホクレン』の担当職員さーん
今年も生育調査をよろしくお願いしま~す



第8話 破るんですか?

2018年5月22日(火)【メークイーン】

桧山南部食用馬鈴薯生産組合さん

ご無沙汰しております。
おらいも君です。
道南は、なかなか晴れた日が続かなくて畑作業が進まず悩んでおります(-_-;)

今日はお日様が顔を出し、ポカポカ陽気の中、生産者がメークイン畑で作業中!
何しているのかな?

近くに行ってみると、せっかくメークイン畑に敷いた黒いビニール(マルチ)を破ってたんですよ~

これは、『芽出し』といってマルチを破って、メークインの芽を出してあげる作業なんだ!
メークインの芽は、『早く出して~』ってマルチを下から押し上げて、合図を出してくれているんですよ~

生産者は、それに応えるようにザクッとマルチを破るんです。

生産者は、メークインの芽が出揃うまで、何回も畑に入って作業するんですよ。
大変ですね~
畑、広いし~

これから太陽の日差しを浴びてどんどん成長していくんだ!

『あっさぶメークイン』
これからも順調に、そして美味しく育ってほしいものです(笑)



第7話 デビュー!

2018年5月10日(木)【メークイーン】

桧山南部食用馬鈴薯生産組合さん

本日は晴天なり~
おらいも君です。

いいお天気ですね。風は少し冷たいですけどね。

さて、第2話で『てん菜』のお話をしたんですけど、みなさんご覧になっていただけましたか?
ハウスですくすく育った、てん菜の苗がとうとう畑デビューしましたよ。

植え付けた直後はぐったりとしているんですが、心配ありません!
時間の経過と共に根が張りピンと立ち上がってくるんですよ(^^)v
なんともすごい生命力!

てん菜は、お砂糖の原料。
大きくな~れ・甘くな~れ。

収穫が楽しみですね~(笑)


第6話 筋肉痛は大丈夫?

2018年5月7日(月)【メークイーン】

桧山南部食用馬鈴薯生産組合さん

こんにちは!
おらいも君です。
みなさんGWをどのように過ごしましたか?
北海道のGW後半は、雨がずっと降っていて畑の作業もすっかり滞ってしまいましたよ~(T_T)
ぼくは、少しの晴れ間をみつけて檜山南部地区をちょっと飛び出して桜を見に行ってきたんだ。

函館市五稜郭公園!
今は、もう散ってるだろうけど・・・。

そんな中、檜山南部地区にある厚沢部町のとある畑では、馬鈴しょの種いもを一生懸命植え付けしていたよ。JA職員の方々が。
しかも、機械作業ではなく、手作業で!

厚沢部町では、生食用の馬鈴しょの他に、種子用の馬鈴しょも生産されていて、去年生産された種子用の馬鈴しょがウイルス性の病気に侵されていないかどうかを確認するための畑なんだって。
JAの担当課長さんがおっしゃってましたわ~

JAのみなさん大変そうですねー
筋肉痛は大丈夫かなぁ?(笑)

今週は晴れた日が続くようなので畑作業が進むといいですね~(^O^)


第5話 さあ!植えるぞ~

2018年4月26日(木)【メークイーン】

桧山南部食用馬鈴薯生産組合さん

やねよ~り、た~か~い、こいの~ぼ~り~♪
おらいも君です。

いよいよGWへ突入!
みなさんは、どのようなご予定なのでしょうか?

さてさて
いよいよ、種いもを畑に植える時期がやってきたぞー!

檜山南部地区では、『あっさぶメークイン』の植え付け作業がピークを迎えていますよ~
あちらでも、こちらでも、種いも植えてるよ(^O^)

さらにさらに
種いもを植えた後、畑に黒いビニールを敷くんだ!
これは、マルチングといって土を保温する効果だったり、雑草の発生を防いだりといろいろな効果があるんだ。
昔は、稲わらなどを使ってたんだって。

このまま順調に育ってくれると『あっさぶメークイン』は7月中旬に出荷が始まるよ。
楽しみですね~(笑)

函館市や松前町では、すでに桜が開花したみたい。
ぼくの住む檜山南部地区も、もう少しで咲くのかな?
ヒマをみつけて、見に行きたいですね~ 1ヶ月ぶりの桜を・・・(何故?)


2018年10月

30 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 1 2 3

生産者プロフィール

生産者プロフィール

メークイーン生産者

桧山南部食用馬鈴薯生産組合さん

JA新はこだて厚沢部支店の桧山南部食用馬鈴薯生産組合です。北海道の檜山南部(厚沢部町、江差町、乙部町、上ノ国町、八雲町熊石)で馬鈴しょを生産しております。厚沢部町はメークイン発祥の地とされており、全道で一番早く出荷が出来る産地でもあります。今回はメークインを主に色々な馬鈴しょの情報を発信していきたいと思いますので、宜しくお願いします。

アーカイブ