おすすめレシピここでは、「きたやさい」の料理レシピを一挙ご紹介しています。しかも、旬の食材や料理の種類などで、お目当ての料理がカンタン検索。「きたやさい」を使って、毎日の献立づくりしてみませんか。

レシピ詳細

すいかのシャーベット
調理時間
約 30 分
消費カロリー
約 178 kcal

このページを印刷する

レシピ
  • すいかは果肉をスプーンですくい出し(約700gとれる)、ざるなどでこしてジュース状にする。
  • 水1/2カップを煮たて、砂糖150gを加えて溶かす。さめたら、1と混ぜ合わせて金属製の容器に入れ、冷凍庫で凍らせる。
  • 卵白に砂糖30gを加えて角が立つまで泡立てる。
  • 2をミキサーかフードプロセッサーでみぞれ状に砕き、3、チョコレートチップとさっくりと混ぜ合わせて、すいかの皮のケースに流し入れ、再び凍らせる。スプーンですくって器に盛る。
  • 調理時間は凍らせる時間を除いたものです

材料(4人分)
すいか小1/2個
砂糖180g
卵白1個分
チョコレートチップ20g
キーワード

あわせて読みたい! おすすめレシピ こんなレシピも読まれています。

知っておきたい! 基本のキをチェック! 料理の基本のキを学びましょう。

気になる!料理用語のワンポイント講座 知ってた? 知っておくと便利!

カイエンヌペッパー
辛みの強い赤唐辛子を干して粉末にしたもの。南米北東岸にあるフランス領ギアナの首都カイエンヌを原産とするのでこの名があります。
ふり塩
材料に塩をふること。材料の身を締めて生臭みをとり、味をつけるために行います。手に塩を握り、材料から20~30cm離して指の間から塩を落とすようにまんべんなくふります。塩の量は、魚介類なら重量の2~3%、肉類は1%が目安です。
二度揚げ
揚げものをするとき、一度揚げてとり出し、もう一度揚げること。火の通りにくい骨つきの鶏肉や、一尾ものの魚を揚げるときや、小魚を骨まで食べられるように揚げるときに使う手法です。最初は低温でゆっくり揚げ、一度とり出して余熱で火を通し、二度目は高温でさっと揚げてカラリと仕上げます。