おすすめレシピここでは、「きたやさい」の料理レシピを一挙ご紹介しています。しかも、旬の食材や料理の種類などで、お目当ての料理がカンタン検索。「きたやさい」を使って、毎日の献立づくりしてみませんか。

レシピ詳細

牛肉ときたやさいの炒めごまあえ
調理時間
約 15 分
消費カロリー
約 304 kcal

このページを印刷する

レシピ
  • 牛肉は細く切って、塩とこしょう各少々をふる。
  • にんじんはせん切り、ピーマンはへたと種を除いてせん切り、玉ねぎは縦薄切りにする。
  • フライパンに油の半量を熱し、牛肉を色が変わるまで炒めてとり出す。
  • ③のフライパンに残りの油を足してにんじん、玉ねぎ、ピーマンの順に炒め、にんじんがしんなりしたら牛肉をもどし入れてさっと炒め合わせる。
  • ボウルにすりごまとAを合わせて混ぜ、④を入れてあえ混ぜる。

材料(2人分)
牛肉(しゃぶしゃぶ用)80g
にんじん1/2本
ピーマン2個
玉ねぎ1/2個
大さじ1
すり白ごま大さじ4~5
A しょうゆ大さじ1強
A 酒大さじ1
A 砂糖大さじ1
キーワード

あわせて読みたい! おすすめレシピ こんなレシピも読まれています。

知っておきたい! 基本のキをチェック! 料理の基本のキを学びましょう。

気になる!料理用語のワンポイント講座 知ってた? 知っておくと便利!

ミルポワ
ソースや煮こみ料理の風味を高めるために使う風味づけの材料。玉ねぎ、セロリ、にんじん、ベーコンなどを炒めたものです。野菜だけで作るものと、肉入りのものとがあります。前者はマリネや魚介料理、色を白く仕上げるソースを作るときに使われ、後者は肉の蒸し煮や肉のソースを作るときに使われます。
麦みそ
精白した大麦や裸麦で作った麦麹に、蒸し煮にした大豆と塩を混ぜて熟成させたみそ。麦特有の芳香とうまみがあります。関東北部の辛口麦みそと、九州の甘口麦みそが代表的。みそ汁、肉や魚のみそ漬け、みそ煮にするほか、九州の郷土料理「さつま汁」にも欠かせません。
エメンタールチーズ
スイスの代表的なナチュラルチーズ。やや甘みのあるまろやかな風味で、指先くらいの穴(チーズアイ)が特徴です。スイス料理のチーズフォンデュには、なくてはならないチーズ。テーブルチーズとしても好まれています。