おすすめレシピここでは、「きたやさい」の料理レシピを一挙ご紹介しています。しかも、旬の食材や料理の種類などで、お目当ての料理がカンタン検索。「きたやさい」を使って、毎日の献立づくりしてみませんか。

レシピ詳細

いかと春野菜のイタリアンソテー
調理時間
約 30 分
消費カロリー
約 165 kcal

このページを印刷する

レシピ
  • いかは内臓を除き、胴は輪切り、足は1本ずつ切り離す。
  • 玉ねぎはくし形に、アスパラは4センチ長さに切る。ピーマンはたんざく切りにし、ミニトマトはへたをとる。
  • にんにくはオリーブ油大さじ3と弱火にかけ、香りが立ったら中火にして玉ねぎを炒める。玉ねぎが透き通ったら、残りの2を加えて炒め、一度とり出して1を強火で炒め、八分通り火が通ったら野菜をもどして炒める。
  • トマトの皮が破れたら塩とこしょう各少々を加え、バジルをちぎって散らす。

材料(4人分)
いか1ぱい
玉ねぎ1/4個
グリーンアスパラガス1束
ピーマン(赤・黄)各1/4個
ミニトマト6個
にんにく(みじん切り)1片分
パセリ(みじん切り) 少々
バジルの葉1枝分
キーワード

あわせて読みたい! おすすめレシピ こんなレシピも読まれています。

知っておきたい! 基本のキをチェック! 料理の基本のキを学びましょう。

気になる!料理用語のワンポイント講座 知ってた? 知っておくと便利!

ムース
本来は”泡”の意味ですが、食べものとしては、口あたりのよいふんわりとしたお菓子や料理のことを指します。お菓子では、フルーツやチョコレートのムースがポピュラー。料理では、肉や魚介のピューレーに、生クリームやゼリーを加えて冷やし固めた冷製と、泡立てた卵白を混ぜてオーブンで蒸し焼きにした温製とがあります。
蛇腹
きゅうりの飾り切りのひとつで、細かい切りこみを入れて蛇腹状にする切り方です。太さの半分まで斜めに細かく包丁を入れ、裏返して反対側からも同様にし、塩水に浸してしんなりさせ、適当な長さに切って酢のものなどにします。
ムニエル
フランス語の"粉屋"の意味から転じて、魚に小麦粉をまぶしてバターで焼く調理法をいいます。焼き上げた魚にレモン汁をかけ、焦がしバターをかけていただきます。舌びらめ、にじます、さけなどのムニエルが代表的。家庭で作る場合はバターだけだと焦げやすいので、バターと油を合わせて魚を焼き、ソースを作るときに新たにバターを加えると失敗がありません。